作者別: takekoshi

さくらのレンタルサーバのsshで文字化け回避する

さくらのレンタルサーバにsshすると、日本語表示が文字化けします。 日常的にログインするわけでもないので.cshrc書き換えるとかせず、環境変数設定してからbashに切り替えます。 % setenv LANG ja_JP.UTF-8 % bash こうするとbashにLANGが引き継がれていい感じになります。 ところがviで編集しようとすると文字化けます。おちついてvimを起動するのです。 $ vim...

続きを読む

acmのDNS検証によるSSL証明書発行ではNSレコードではなくwhoisのネームサーバが参照される

awsのacmではSSL証明書発行を、メール検証ではなくCNAMEによるDNS検証で可能になっています。 さて、イレギュラーな状態ですが、DNSをNSレコードで委任していてwhoisのネームサーバ設定と一致しない場合があるとします。具体的には、ネームサーバの切り替え中が当てはまります。JPRSもNSレコードを先に切り替える手順を案内しています。 DNSサーバーの引っ越し~トラブル発生を未然に防ぐ手順とポイント – JPRS...

続きを読む

fedora 29でslackがSegmentation fault

fedora 29にバージョンアップしたところ、slackが立ち上がっておらず。メニューから起動してもダメ。 コマンドラインからやったらセグメンテーション違反で死んでいました。 $ slack Segmentation fault (コアダンプ) ググったところ、同じ現象でダメになっている人がいました。 linux – Why does Slack return a Segmentation fault after Fedora 29...

続きを読む

gitlab-ciでphp-cs-fixerを自動コミットする

※2018-08-16 変数の保護について修正しました push時にphp-cs-fixerをかけて、修正箇所があれば自動コミットする方法です。 大まかな処理内容 feature/*ブランチまたはfix/*ブランチに対して処理する。masterに対しては行わない。 pushされたらphp-cs-fixerをかけ、変更点があればそれをcommit/pushして、後続処理は行わない(※pushした内容で新たにパイプラインが実行される)...

続きを読む