作者別: takekoshi

オブジェクトストレージにアップできない巨大なファイルの分割方法

オブジェクトストレージに巨大なファイルをアップロードするとき、1ファイルあたりの容量制限が問題になることがあります。ConoHaなら5GBです。これを乗り越えるならSLO(Static Large Object)などの方法がありますが、日次世代バックアップなどでは少し面倒です。これを安直に乗り越える方法があります。 splitコマンドでファイル分割...

Read More

dockerのcentos7イメージ上でhttpdを起動する

dockerのcentos7イメージ上で、yumで入れたhttpdを起動します。systemd経由では起動しないので、httpdを直接たたきます。 systemd経由ではエラーが出る 開発環境でcentos7のhttpdを再現したいとき、Dockerfileはこんな感じになります。 FROM centos:7 MAINTAINER noldor RUN yum -y install httpd CMD [“systemctl”,...

Read More

dockerの公式mysqlの実行ユーザのUIDを変更する

開発環境にdockerでmysqlを立てるとき、データをproject配下に置くと所有者・所有グループが適当なユーザになってしまうため、grepをかけたりするとエラーが出てしまいます。 別に困るということはないのですが、うざったいので所有者をログイン中のユーザに変更してしまいます。 ホスト環境はlinux(fedora25)です。docker for windows/macの場合はよく知りません。 公式mysqlイメージの実行ユーザは「mysql」...

Read More

Redmineの作業時間レポートをカスタムフィールド(テキスト)で集計する

Redmineの作業時間レポートではカスタムフィールドを使えるのですが、厳し目の制約があります。テキストタイプのカスタムフィールドでは集計できないので、できるようにする改修方法です。 集計できるカスタムフィールドはboolとlistだけ redmine.orgのチケット #19121 を見ると、要約すると次のようなことが書いてあります。 ああ、それはドキュメントが足りない。使えるのは真偽値とリストだけ、それも複数選択可なやつはダメだ...

Read More

s3+CloudFrontよりConoHa+KUSANAGIのほうが速いかもしれない

今月13日ぐらいにConoHa + KUSANAGIの環境からs3 + CloudFrontの環境にブログを移設しました。 で、アクセスの少ないこのブログでは負荷はないので「だからどうした」なのですが、静的ページを表示しているs3 + CloudFrontよりも動的ページ(WordPress)であるConoHa + KUSANAGIのほうが速いかもしれません。...

Read More