カテゴリー: aws

acmのDNS検証によるSSL証明書発行ではNSレコードではなくwhoisのネームサーバが参照される

awsのacmではSSL証明書発行を、メール検証ではなくCNAMEによるDNS検証で可能になっています。 さて、イレギュラーな状態ですが、DNSをNSレコードで委任していてwhoisのネームサーバ設定と一致しない場合があるとします。具体的には、ネームサーバの切り替え中が当てはまります。JPRSもNSレコードを先に切り替える手順を案内しています。 DNSサーバーの引っ越し~トラブル発生を未然に防ぐ手順とポイント – JPRS...

Read More

稼働中のサイトに自動更新のSSL証明書を導入する方法

WebサーバにSSL証明書を導入すると、だいたいの場合年1回の更新作業が必要になります。 サイトが1つならそれも良いのですが、10サイトあれば月1回、50サイトあれば毎週の作業になってしまいます。できれば自動更新にしてメンテナンスフリーな状態にしたいものです。 マネージドではなく自前でSSL証明書を更新しなければならない場合に、自動更新できるSSL証明書の導入方法とメリット・デメリットについて整理します。 自動更新が可能なSSL証明書...

Read More

s3+CloudFrontよりConoHa+KUSANAGIのほうが速いかもしれない

今月13日ぐらいにConoHa + KUSANAGIの環境からs3 + CloudFrontの環境にブログを移設しました。 で、アクセスの少ないこのブログでは負荷はないので「だからどうした」なのですが、静的ページを表示しているs3 + CloudFrontよりも動的ページ(WordPress)であるConoHa + KUSANAGIのほうが速いかもしれません。...

Read More
Loading